FICPIの会員になりましょう

FICPIは世界で唯一つのprivate practice IP attorneysの国際的な団体です。FICPIの会員になるためには、特許事務所や法律事務所に所属・勤務している弁理士でなければなりません。官公庁や企業で働いている弁理士はFICPIの会員に成ることができません。また、弁理士登録していない弁護士も会員に成ることはできません。よって、FICPIは、特許事務所や法律事務所で働いている弁理士の見解・立場を純粋に代表して意見を述べることができます。

実は、FICPIに入ることだけでprestigiousなことなのです。他の国ではFICPIの会員になりたくてもなれないというのが実情です。

現在、FICPIの会員は約3800名で、84カ国の弁理士により構成されています。仕事上の繋がりが無い国の弁理士との交流も、FICPIの会員になればFICPI会員であるという信用に基づいて、簡単且つスムースに出来るようになります。また、FICPIは種々の刊行物を出していますので、情報入手が難しい国の法改正等についても、FICPI刊行物・情報誌を通じて知ることができます。

FICPIは今後の弁理士業界及び知財業界が世界的にどのように変わっていくのかを見据えThe Future of the Intellectual Property System ? Year 2030というレポートを出しています。FICPIは、急速且つ大幅に変貌していく知的財産界にあって、国際的視野に立った提言ができる団体です。例えば、FICPIは国際条約の改正や成立のために召集されるWIPO会議等において弁理士としての知識、経験、正義感、倫理感等に基づいて意見を述べたり決議書を出しています。また、FICPIは知的財産界の世界的な発展のために各国でIP教育活動をしています。

FICPIは高いモラルと大きな夢を持ったNGOです。知的財産世界を良い方向に指向させるべく色々な研究や活動をしています。FICPIの会員になって、ダイナミックな知的財産界の変化の中に身を置き、世界中の弁理士と議論し、グローバルな視点からIPワールドを発展維持させる原動力団体の一員になりませんか。